葬儀プランのご紹介

各プランの紹介

フルパッケージプラン
一般葬 家族葬

宗教費用以外の葬儀必要品、返礼品、食事関係など全てを含んだプラン、既定数の増減が出来ます。


オリジナルプラン
一般葬 家族葬

葬儀必須品だけをパッケージにし、返礼品や食事関係などを必要に応じ付加するプラン。 その他に、社葬団体葬、札幌市規格福祉葬儀がございます。


その他のプラン
やすらぎ直葬プラン
30プラン
その他のプラン

「札幌斎場が遠い」・「ご近所の方がいらっしゃるのでお住いの近くでしたい」とのお問合せをいただきます。
当社自社式場以外の提携葬儀場(ホール)でも葬儀を承ります。
上記プランを基に、不要付加品を相殺の上、規模により約15万~20万円の式場費追加で施行致します。どうぞご相談下さい。


葬儀を考えるポイント

葬儀を考えるに当たり、幾つかのポイントがあります。
故人の遺志や家の伝統や宗教・宗派の確認。葬儀会社選びもその一つと言えるでしょう。
予算やプラン内容も、もちろんとても重要な判断材料ですが葬儀を考える上で一番大事なポイントは葬儀を終えたときに納得できる葬儀であったかどうかという点です。

安心できる葬儀社の見分け方

葬儀会社によっては葬儀のプラン内容や予算もそれぞれですが、最終的にはご遺族がご納得できる葬儀であったかどうかが大切になってきます。自分の「想い」を共有してくれる葬儀社の選びが大切です

  • なんでも良く相談にのってくれる
  • 必要な宗教情報を提供してくれる
  • 事前見積もりに丁寧に応じてくれる
  • 総費用が明瞭な業者

最も多い葬儀に関する疑問や苦情

  • 予想以上に高くついた。高い葬儀費用に今でも疑問を持っている。
  • 積立金で出来ると聞いていたのに、結局、その5倍以上も請求された。
  • わからないことが多いゆえに、業者ペースで事が進められてしまった。
  • 時間に急かされて、納得のゆくお別れが出来なかったことが悔しい。
  • もっとこちらの意向を聞いて欲しかった。
  • 高額な葬儀費用支払いに困った。
  • 業者のいいなりになってしまって、自分が思う葬儀にならなかった。

逆に以上の点が見受けられるようでしたら要注意です。


予算を考えるポイント

葬儀全体で考えるとその費用はいくつもの項目に分けられます。やり直しのきかないものですので、各費用に対してじっくりと考えた上で決断されることをお勧めします。
当斎場では、ご遺族様の意向に合わせご納得いただけるまでご相談・お見積もりをさせて頂きます。

葬儀にかかる費用の内訳

葬儀費用
葬儀社に直接支払う、基本的料金や追加費用、別途オプション費用
関連費用(葬儀社が立替)
火葬や霊柩車、葬儀役員派遣料等、葬儀社以外に支払う費用
式場費用
菩提寺や会館使用料
飲食接待費用
通夜や葬儀後の精進落しにかかる費用
返礼費用(香典返し)
香典の三分の一、二分の一が目安、道央圏では当日返しが一般的、四十九日で半返しする地域もあります。
宗教関係費用
僧侶、神職等宗教者へのお布施、お礼や法名戒名料など菩提寺などがない場合ご紹介いたします。
尚、お布施・御礼などの金額につきましては、必要な場合助言は差し上げますが、葬家と宗教者の間でご相談いただき弊社が介入することはございません。
その他費用
菩提寺や会館使用料

予算を考える5つのポイント

  • 会場はどこか?
    (葬儀場・自宅等)
  • 会葬者人数と
    会葬返礼品は?
  • お花など
    どんな祭壇に?
  • 通夜食事料理
    精進落し料理等は?

ホーム > 葬儀プランのご紹介